野菜不足は便秘になります。

野菜不足は便秘になります。

便秘の原因となるのは主に食物繊維不足と水分不足です。
食物繊維は体内では消化されず、腸内の老廃物などの不要な物質体外へ排出したり、コレステロール低下作用、高血圧を予防、糖尿病を予防するという働きがあるのです。

 

重要な栄養素は糖質、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルの5つと言われていましたが、最近では食物繊維は第6の栄養素と呼ばれるようになったくらい、重要な成分です。

 

忙しい現代人は、朝食や昼食を簡単に済ませることが多いのです。すぐに食べることができる便利な加工食品も多くあります。そういった食生活が続くと野菜不足になります。

 

野菜はビタミンミネラルの他に食物繊維を多く含んでいますし、水分量も多いのです。
野菜不足であると便秘になりがちです。便秘は腸内に老廃物が溜まった状態です。老廃物が腐敗して有害物質となり、腸内から血液へと有害物質が流れてしまい、汚れたドロドロ状の血液になります。

 

体調不良や免疫力低下、だるさ、体力低下、冷え性、肌荒れなどはすべて血液の質の悪さからきます。
野菜不足を防ぐには、一日で約350グラムの野菜が必要と言われ、意外に多い量なのです。
健康の為にはこまめに野菜を摂取することが大切です。