五味・五法・五色

五味・五法・五色

野菜をたくさん食べた方がいいというのはなんとなく分かるんだけど、何をどう食べたらいいのかよく分からない。
じゃがいもとほうれん草って、同じ野菜だけど、何となくほうれん草の方が栄養価が高いような気がするし。きのこも野菜だよねぇ。

 

そんな疑問をもっていた時に、歯医者さんの待合室で子供向けの本が目に留まりました。
色に分けた野菜の絵本です。

 

緑と赤、黄色、白、黒の絵本がありました。
中身は見ることができなかったんですけど、そういえば、色で野菜を分けるってあったなぁと思って調べてみました。

 

結論は、五味・五法・五色。

 

日本の精進料理の基本だそうです。
五味とは、塩・甘・酸・辛・苦の味つけのこと。
五法は、生・煮る・焼く・揚げる・蒸すの調理法のこと。

 

五色とは、野菜を赤・黄・緑・白・黒の五色のグループに大まかに分けること。
赤の野菜:トマト・にんじん・唐辛子・赤ピーマン
黄の野菜:かぼちゃ・大豆・さつまいも・とうもろこし・たけのこ
緑の野菜:ほうれん草・小松菜・春菊・ブロッコリー・にら・ピーマン・きゃべつ
白の野菜:大根・玉ねぎ・もやし・じゃがいも・白菜・えのき・なす・レンコン・ごぼう
黒の野菜:しいたけ・まいたけ・しめじ・昆布・わかめ

 

出来たらいいですよね。
できる範囲で、市販のラクなものも取り入れながら、
とりあえず意識を持ち続けることが大事ですよね。

 

ブームにしないようにしなくっちゃ。