脂質異常症の人が心掛けたほうが良い食生活について

脂質異常症の人が心掛けたほうが良い食生活について

脂質異常症は高脂血しょうとも呼ばれて、血液内の悪玉コレストロールが基準値より高いことを指します。

 

コレストロールは血液に対して潤滑油の働きがある程度は必要ですが、過剰であると逆に血液を詰まらせてドロドロの状態にします。これが進むと動脈硬化になり、脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まり、生活習慣病になります。つまり放置しておくと大変な健康被害がでます。この脂質異常症は、遺伝性のものもありますがたいていは食生活に起因します。

 

一般に動物性油脂を過剰にとることでなると言われますが、実は少しの食生活の改善で多少多めに動物性油脂を摂っても問題ないことがあります。それはまずこれらの動物性油脂を食べる前にかならず繊維分の多いものや発酵食品をとって胃のなかに受容体を作ることです。繊維分は油を絡めて腸で吸収せずに体外に排出しますので、脂分をとっても吸収しなければ血中のコレストロールは増加しません。

 

あとはコレストロールを下げるものを同時に食べることで、オレイン酸の多く含むもの、」アーモンドやマカダミアナッツなどがいいです。同時に食べることでコレストロールさらに下げます。一度ついたものを減らすには、現状を保ちコレストロールの消耗をさせるのが一番ですので油を吸収しにくい食事の仕方に気を付けるべきです。

 

当然ですが、脂っこいものばかり食べるのではなく、野菜を適時摂るということも
血液に対しては良いと思いますよ!