野菜に入っているビタミン、酵素などなどの働きの解説

野菜に入っているビタミン、酵素などなどの働きの解説

生き物が生きるうえで酵素のはたらきを欠くことができません。
その酵素のなかには補酵素を必要とするものがあります。
補酵素とは酵素と一緒に働くことでその酵素の機能を発揮させるのに必要な小さな分子のことです。ビタミンなどがその代表です。

 

そしてこれらのビタミンのほとんどをヒトは体の中でつくれません。
それで食べ物からとるといいです。特に緑黄色野菜に多く含まれるβ−カロテンは体の中でビタミンAに変わります。

 

またビタミンEやKもこういった野菜には含まれます。これらは発育の促進や視力の維持、
血液の機能などにはたらきます。これらは油に溶けやすいので、油と一緒の献立にそれらの食品を利用すると効率よく吸収されます。

 

一方、水溶性のビタミンCはサラダなどに使う淡色野菜に多いです。
ストレスへの抵抗力や、皮膚を保つ、鉄の吸収などに関わります。
ビタミンB1やB2は胚芽や豆類などに多く含まれます。疲れにくい体を作り、神経の調整や発育の促進に必要です。

 

こうしたビタミンをしっかり摂るには、
緑黄色野菜を意識して彩り豊かな献立にすると、
多種類の野菜とともに摂れるようです。
野菜を十分に摂るようにすると風邪等もひきにくくなると考えられます。